« いちごと豚ヒレのミルフィーユ仕立て | Main | すし善蕾亭の京風ちらし »

2007.05.30

麻婆茄子豆腐

0705negi_mabo

なぜか僕にとっての”お袋の味”は麻婆豆腐だったりする^_^;。しかも茄子入り。豆腐はぐずぐずに崩れたのが好き。
これを一晩置いた冷たいのをあつーいごはんにのせて食べたりするのが最高。

・・どっちかというと中華風肉豆腐という感じですね。

-麻婆茄子豆腐:レシピ-
【材料】茄子1本、豆腐1/8丁、豚ひき肉100g、ニンニク・ショウガ一かけ、長ネギ10cm程度、ギョウジャニンニクの葉適量、調味料(味噌大さじ1、醤油大さじ1、酒大さじ1、砂糖少々、鶏ガラスープ1/3カップ)、豆板醤小さじ1、水溶き片栗粉少々
(作り方)
①茄子は縦半分に切ったあと、斜めに薄くスライスして水にさらしておく。ニンニク・ショウガ・長ネギはみじん切りにしておく。調味料は事前に溶き合わせておく。豆腐は水気を切っておくのが基本(だけど僕はあまり水気を切らない方が好き)。
②中華鍋(フライパンでもいい)に少し多めに油をしき、①の茄子を炒めて、一旦皿に取る
③中華鍋に油とみじんぎりしたニンニク・ショウガを入れ、弱火で炒める。油が沸いて、香りが立ってきたら豚ひき肉を入れ、中火にして完全に火が通るまで炒める
④豚ひき肉に火が通ったら、豆板醤、長ネギ、②の茄子を入れ、強火にして炒める
⑤”①”で用意した合わせ調味料を入れ、沸騰したら中火にする
⑥豆腐は崩しながら、ギョウジャニンニクの葉はざく切りして中華鍋に入れ、また沸騰したら水溶き片栗粉をまわし入れて、仕上げに山椒をふりかけて完成。

今回はギョウジャニンニクがあったので、その葉を入れてみました。
ニラを使うことが多いけど、本場中国では葉ニンニクを使うと聞いたので・・・

0705negi_reito

ギョウジャニンニクは週末に稚内によったときに知人からいただいたもの。冷凍してあったものを解凍したので、一気に食べる必要があったので^_^;

ということで、ギョウジャニンニク料理のつづき。

0705negi_ninnniku_me

ギョウジャニンニクの茎と豚肉の炒め物。

ニンニクの芽の代わりに、ギョウジャニンニクの茎の部分を使ってみました。
作り方は、細切りした豚(今回はヒレ。あったから)に醤油と酒で下味を付けておき、熱したフライパンで炒めて、そこにギョウジャニンニクの茎を入れ、鶏ガラスープ少々で炒め、水溶き片栗粉でとろみをつけるだけ。

0705negi_cyahan

ギョウジャニンニク炒飯。
ギョウジャニンニクの醤油漬けを刻んで炒飯に入れました。

ギョウジャニンニクを使った中華三昧。
・・・さすがに食べ過ぎかな^_^;。口の中ぴりぴりです。

※ギョウジャニンニクの匂いが気になる人は、下ごしらえで一番外側の紫色の皮を取っておくとかなりマイルドになりますよ。

|

« いちごと豚ヒレのミルフィーユ仕立て | Main | すし善蕾亭の京風ちらし »

料理(野菜)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 麻婆茄子豆腐:

« いちごと豚ヒレのミルフィーユ仕立て | Main | すし善蕾亭の京風ちらし »