« 早朝の恵庭岳 | Main | マイカの季節 »

2007.06.04

丸駒温泉旅館[石狩支庁管内千歳市]

0706marukoma_gaikan


支笏湖畔にある丸駒温泉旅館。
恵庭岳登山の帰りに行きました。

湖と直接繋がっている露天風呂がウリです。

えー、土曜のまだ午前中だったのでしたが、混んでました。

丸駒温泉旅館・データ]
【所在】千歳市幌美内(国有林1157林小班)
【泉質】ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉(旧泉質名:含土類・石膏-食塩泉)(中性低張性高温泉)
【湯温】51.0度(動力湧出)、ph6.5(内湯)/53.2度(動力湧出)、ph6.4(展望露天風呂)
【入浴料】1,000円
【露天】あり

駐車場奥にある日帰り入浴用の入口から入る。
料金は千円・・・。たかいなぁ・・

館内は新しい木製のつくりで、高級感を出そうとしている。

内湯は3つ(違いはよくわからん)。お湯は透明でややツルツルする。
カランにはボディーソープとシャンプー等がおいてあるが、カランによって種類が違っていたりする。
リンスインシャンプーでなく、シャンプーとコンディショナーだったり・・

展望露天風呂は内湯の目の前にあり、湖を展望できるテラスのように作られている。
コチラの方は内湯と源泉が違うようで、やや濁っている。

ウリである天然露天風呂(=湖と直接繋がる露天風呂)は、内湯から渡り廊下を伝って少し離れた場所にある。
いまは湖の水位が上がっているとかで、なんと風呂の深さが135cm^_^;。
たったまま入っても胸の高さまでお湯がくる。
頭上にはツツジの花が咲いていたりして、なかなかの風情ですねぇ。

他に日帰り料金+2、500円(50分)で露天風呂付きの貸し切り風呂もあるそうです(宿泊客も+2,500円)。

0706marukoma_lounge

ラウンジ。軽食や飲み物などを売っています。

ところで、ここは日帰り客が休める場所はありません。ラウンジでコーヒーでも飲むか、別料金(+300円)払って、普通の大広間で休むか。ベンチさえない。
1,000円も取っておいて、何の工夫もない大広間に+300円は・・・(見たところ、使っている人は誰もいなかった)。

前に入ったのは、それこそ十ン年前。そのころと同じだったのは天然露天風呂だけで、それ以外はかなり手が入りましたねぇ。そのころでも日帰り700円だったから、+300円くらいはこの施設の充実さをみればリーズナブルともいえるのでしょう、たぶん。
あとは、日帰り入浴に1000円かけるか、ということですねぇ。
同じ1000円かけるなら、僕は豊平峡に行ってカレーでも食べた方がいいなぁ。

湖畔の露天風呂ならお隣のいとう温泉(日帰り700円)もあるしね^_^;

|

« 早朝の恵庭岳 | Main | マイカの季節 »

温泉(道央)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 丸駒温泉旅館[石狩支庁管内千歳市]:

« 早朝の恵庭岳 | Main | マイカの季節 »