« ソンブレロ・メヒカーノのチキンファヒータ | Main | 07はつゆき »

2007.11.15

リーキのソテー

0711salmon_poware

リーキ(西洋ネギ;ポロネギともいう)は、そのまま食べることの多い日本の長ネギとちがい、火を入れて食べるものだとか。

ということで、一度茹でてからソテーして食べました。これが甘くておいしかったのだ(∩.∩)

リーキは青い部分を除いて5cmくらいに切り、白ワイン(or日本酒)を入れたお湯で2,3分湯がいておく。
これをソテーする。

ソテーの相方は、いまが旬の鮭を使いました。
酒は塩コショウ(今回はタイムも少々)して、小麦粉をまぶしてから、フライパンにオリーブオイルを少々多めに入れて、完全に熱する前から入れて焼き煮する(ポワレ)。

裏返すときに湯がいておいたリーキ(を半分に切ったもの)もフライパンに入れ、焼き色を付けておく。

鮭とリーキが焼けたら皿にあげ、フライパンに白ワイン(or日本酒)50mlを入れて沸騰させ、バター一かけとレモン汁大さじ1(塩と砂糖をひとつまみづつ)入れ、フライパンを振りながら煮詰めてレモンバターソースをつくり、かけていただきます。
砂糖を入れるとレモン汁の酸味の角が取れます。

このときのリーキは葉に近い青っぽいのが残る部分で、これはホントに下仁田ネギみたい。

ついで牡蛎のポワレともあわせてみた。
0711kaki_soba

これ、昔どっかのレストランで食べた記憶があるもの。
小麦粉じゃなくて、そば粉をまぶしてソテーしたもの。塩少々とレモン汁をかけて頂きました。

このリーキは根の白い部分。こっちは完全に日本のネギとは違い、シャキシャキな食感。辛みや甘みも違うものでしたね。

なかなかおもしろいリーキ。こんどはネギマ(マグロとネギの鍋)にでもしてみるかな(^^)

|

« ソンブレロ・メヒカーノのチキンファヒータ | Main | 07はつゆき »

料理(野菜)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21853/17073630

Listed below are links to weblogs that reference リーキのソテー:

« ソンブレロ・メヒカーノのチキンファヒータ | Main | 07はつゆき »