« MOA美術館(熱海) | Main | 08札幌への帰り道 »

2008.01.06

湯河原温泉・光陽館

0801kouyoukan01

元旦から二日にかけて、家族で温泉で一泊。
去年は箱根でしたが、ことしは熱海の手前の湯河原温泉でした。

朝夕とも部屋出の食事でのんびりできました。

熱海のMOA美術館に行ったあと、少し戻って湯河原温泉街へ。

温泉街の少し奥の方、川沿いに立つ温泉で、部屋からはせせらぎ(&横を通る車の音)が聞こえます。

0801kouyou_room

部屋は10畳のトイレ(和式)付き。洋式は共用のが別にあります。
建物とも落ち着いたもの(古い、ともいう・・。でも座椅子とか少し壊れてるのはどうだ!?)
ま、別に温泉なんてお湯とメシがよければ他はどうでもいいんだけどね。

冷蔵庫にはビールと生酒が入ってたけど、基本はカラ。
館内に自販機がある。(温泉街の手前にセブンイレブンもある)

お風呂は内湯と露天の二つ。夏の間は屋上にジャグジー(水着着用)もあるらしい。

湯河原温泉 元湯旅館 光陽館・データ]
【泉質】ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉(旧泉質名:含石膏-弱食塩泉)
【湯温】65.5度、ph8.4
【露天】あり
【循環ろ過等】加水あり(温度調整のため)、加温なし、循環ろ過なし(かけ流し)

内湯は大きさが異なっていて、時間で男女入れ替える。
なお次の朝9:30までずっと入れます。
この日は前日は男湯が広い方で、朝は狭い方に入れ替わりました。
お湯は弱アルカリ性ですが、ヌルヌルするほどでもない。無色透明無臭のサラッとしたお湯。

0801kouyou_spa_yaten

こちらは露天風呂。内湯は1Fにあるのですが、露天へは4Fから別の階段で上っていきます。
なお15:00-19:00までは女性、19:30-22:30までは男性の時間入れ替え制。

一人か二人入ったらいっぱいになるたらいのお湯ですが、開放感もあってなかなか。

0801kouyou_dinner

さて、夕食。時間は向こうから指定されてきた(6:30ころ)けど、正月だからしょうがないのかな。ま、特に問題ないし・・

メニューは
左上から カボチャ煮ときんぴら、イカ塩辛、車エビ焼き
左中から 陶板焼き1(白身と西京味噌バター)、陶板焼き2(牛肉)、うざく
左下から ゴマ豆腐、八寸、ニシンそば

あ、あとお造り(マグロ赤身ほか4種)があったのだけど、写真撮り忘れた^_^;

量がいっぱい。お腹いっぱい。
変わったところでは、イカの塩辛は柚子がきいていてさわやかな食感。お肉も柔らかく(かつしつこくなく)なかなか。陶板焼きの味噌が焼き味噌のようになって、酒のつまみでおいしかった。
残念なのは、海老が冷えてることとニシンそばがしょっぱかったこと。
ま、正月だから・・・

部屋出しの食事っていいねぇ。
ずるずる食べて飲んでも片づけなくていいし・・
(でも酒高かったなぁ。焼酎(いいちこ)が四千円。。。内地ではこれくらいデフォ?)

朝風呂も入って、のんびり箱根駅伝のスタートを見ながら、朝食です。

0801kouyou_morning

左上から 笹カマとわさび漬け、牡蛎湯豆腐、鯛のお造り
左中から 白身の粕漬け・赤飯、おせち、お雑煮
下     ナメコ和え

朝からお造りとは豪勢だねぇ( ´-`)
おせちは全体的に甘い味付け。お雑煮はすまし汁で紅白のお餅は焼いてありました。

これも量がいっぱいお腹いっぱい。
これも全般的にさめている。なによりご飯が冷めてたのが悲しい(T.T)

で、総括。
やっぱりお正月の温泉はいいね、楽できて(^^)
でも、お正月だからサービスは低下するよね。

正月なのに部屋出ししてくれるのはありがたいけど、やっぱりスタッフが足りないから食事はさめてるし、時間してはできなかったし。
去年は食堂方式だったけど温かかった。
この辺はトレードオフだね。

だけど、宿のつくりや食事の内容、サービスを考えると一人26,000円でこれは少し高いんじゃないかなぁ(__;)

とはいいつつ、やっぱり正月から上げ膳据え膳でサービスしてくれるのはありがたいものです。
正月から働いてくれた従業員の皆様に、ことしも感謝m(__)m

|

« MOA美術館(熱海) | Main | 08札幌への帰り道 »

温泉(その他)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 湯河原温泉・光陽館:

« MOA美術館(熱海) | Main | 08札幌への帰り道 »