« '10大雪山の紅葉 | Main | 上川町のしっとりプリン(その2) »

2010.09.24

中澤ヴィンヤード[岩見沢市栗沢]

1009nakazawa00

三笠の山崎ワイナリー岩見沢の宝水ワイナリーに続く第3弾は岩見沢市栗沢の中澤ヴィンヤードです。

ここは(まだ?)自家醸造はしてなくてブドウ栽培(委託醸造)なので、ヴィン(ぶどう)ヤード(畑)と名乗られています。建物の奥は一面のブドウ畑。
ご夫婦二人だけでブドウを栽培し、取れたブドウは栃木の有名なココファームで醸造しているのだとか。

訪問した9/23は、中澤ヴィンヤードで販売するクリサワブラン2009の販売開始日。
中澤ヴィンヤードで栽培しているブドウで作ったワインをブレンドして作るワイン。
2009年はブドウが不作で作れたワインがすごく少なく、普段四種のブドウで作っているけど”ブドウが足りなかったから”(奥様談)との理由から、本来赤ワインに使うピノノワールも使って白ブドウ用にしたてたのだとか。

それでも足りなくて、一人(一世帯)三本までの限定販売でした(泣)

1009nakazawa02

普段はお二人で農作業しているので、小売りをいつもしているわけではないそう。この日は販売開始日なので10時から午後3時まではお店が開いていました。
10時すぎに行ったけど他にお客さんはいなかったので、奥様からいろいろお話を聞くことができました。
まだ販売量も少なくいつも店を開いている訳ではない、との理由から公道からヴィンヤードへの案内看板も作ってないそうです。

1009nakazawa01

店舗兼の建物はご自宅だそうです。
地元の工務店がやっている古民家再生により、解体する古民家の部材をふんだんに使った建物はおもむきが深く、カフェでも開いたらよさげな感じでした。
お忙しいからむりでしょうけど(汗)

いろいろお話を伺った後、3本(+ココファームの農民ブラン2008)を購入して帰りました。
1本2400円なり。
”ボトルに入れてまだ3ヶ月程度なので、1本は少し寝かせてから飲んでみてください”と言われました。

1009kurisawablanc00

帰ってから1本は冷蔵庫で冷やし、残りの2本は押し入れの客用布団に挟んでお休みいただきます。
冷やした1本は夕食で開封。

グラスに注ぎ飲んでみたところ、ほんわかまーるいワイン。
ちょっと甘めだけど甘く感じる程度(2009はいつもより甘さが残ったそうだ)。
酸味もほどよく日だまりの様なワイン。
これで2400円ならすごいお得な感じだ。
限度の3本まで買ってよかった!もっと欲しい。

まだ若いからか、少し炭酸が出てました。
これが寝かせて落ち着いたらどんな感じになるのかな。
それより違うビンテージを並べて飲んでみたいな。。。。。

2010は今年より多く作れそうとのことなので、また来年を楽しみにしましょう♪
(あと2本を飲まずにがまんできるだろうか・・・・)

|

« '10大雪山の紅葉 | Main | 上川町のしっとりプリン(その2) »

お酒」カテゴリの記事

Comments

I found this blog. This post VERY interesting.

Posted by: Fotadattdof | 2010.09.25 at 07:34 PM

Thank you for coming. Come again if I like it

Posted by: わららべ | 2010.09.26 at 10:30 AM

so informative, thanks to tell us.

Posted by: Duepimminny | 2010.09.30 at 11:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21853/49552243

Listed below are links to weblogs that reference 中澤ヴィンヤード[岩見沢市栗沢]:

« '10大雪山の紅葉 | Main | 上川町のしっとりプリン(その2) »