« ’11豊富町の大規模草地 | Main | 礼文島 民宿山光 »

2011.07.08

小さなホテル燈(あかり)[稚内市]

1107akari_gaikan

道北ミニツアー、初日の宿です。
稚内のノシャップ岬のほぼ先端にある小さいなホテル燈

ノシャップ岬から歩いて2,3分、部屋からは岬に立つ灯台や岬の先の海がみえるようなところにあります。
寒流水族館のほぼ真横。

小さいけど雰囲気もよく、お食事もじつに美味しかったです(#^.^#)

道北ミニツアー、初日は岩見沢を早朝に出て昼前に豊富の新VCへ
ここで満開のエゾカンゾウを堪能してから街中でお昼をたべ、大規模草地の雄大な景色を楽しんだらふれあいセンターで温泉を満喫

そのあと稚内に向かい宿に入りました。
宿へはノシャップ岬に向かう案内看板に従っていれば岬の手前にありました。

荷物をもって宿に入ると、ネット経由で予約したため、宿帳には名前と人数だけ記帳してすぐ部屋へ。

1107akari_room

部屋は洋室でお願いしました。
ツインのベットで、ソファーとテーブルもある。
なんとトイレとシャワールームが別室でした。
金庫と空の冷蔵庫あり。

あとこの宿の内装やベット、テーブルなどはなんか特殊な加工(乾燥工程)を経ているとか。
そのせいかどうかは定かではないですが、確かによく寝られました(^^)

1107akari_room2

部屋の窓からは、ノシャップ岬の向こうの海と、まもなく沈む夕陽が。
夕陽が見たかったのですが、まずは食事です。

夕食は1階の食堂で。

1107akari_dinner_2

まずはテーブルに並べられていたものから。
上左から、ホヤ・紅ズワイガニ・ホタルイカ煮
中左から、ウニのセリ和え・ウドの酢の物&イカのマリネ・魚介(甘エビ・ミズダコ)のカクテルサラダ
下左から、煮物・八寸(ツブ貝、タラコ、蒸しエビ、卵焼き、らっきょ、オレンジ)・ホッケのちゃんちゃん焼き

このあと2品ほど出るとのことでしたが、このあと夕陽を見に行きたかったので、夕陽を見た後出してもらうことにして、ご飯は先にもらいました。ご飯とみそ汁でしたが、みそ汁も紅ズワイガニが半身近く入ってた(@_@;

味付けは薄味で上品な味付け。イタリアンと和食の間くらいで実に僕好み。
このあと温泉に行くからアルコールは取れなかったけど、白ワインでも日本酒でもよく合いそうだった。
特にホヤ!
このホヤが身が実にしっかりとしていて歯ごたえもあり、そして臭みなど一切ないというすごいホヤだった。
ウニも明礬など使っていないのにしっかりとしていて、さすがは稚内。

そう、ここにくるとみんなすぐ島に行ってしまいますが、この稚内も実は海産物のレベルはすごく高いところなんです。それでいて島よりはリーズナブルなお値段。みんなもくればいいのに(^^)

これだけでだいぶおなかいっぱいに成ったのですが、腹ごなしを兼ねて、一端食事を中座してノシャップ岬へ散歩~

1107akari_nosyappu
[オリンパスE3+ズイコーD14-54mmF2.8-3.5]

ノシャップ岬のようす。
この日はぜんぜん波が無かったので鏡のような海でした。なにしろ波音が聞こえなかったもの。
ただ残念ながらこのあと霧が出てしまい、夕陽はみれませんでした・・・

1107akari_dinner2

宿にもどり夕食のつづきを。
なめたガレイのソテーと上新粉の肉包み団子。
カレーのソテーは卵入りで、ふんわりしっとりした身厚のソテー。みずみずしかったです。

肉包み団子は、表面がカリッとしていて肉汁を包み込んでいる優しい味でした。

さて、おなかいっぱいに成ったので、お風呂でリラックスしましょう。

1107akari_palece

・・と、ここは宗谷パレスというホテル。稚内温泉童夢のすぐよこで、源泉も同じものを使ってる。
小さなホテル燈にとまるとここの入浴券をいただけるので、車で3分ほどですが入りに来ました。
3階にある浴槽は、内風呂が1つだけで5人も入ればいっぱいに成ってしまう広さなのですが、お湯はぬるぬるして肌がすべすべになりました。童夢と同じお湯とは思えないほど(@_@;
たぶん、童夢は加水していて、ここは源泉なのでは?と思われました。
入浴料も300円と童夢より安いし、これから日帰りはこっちに来てもいいかな、と思いましたよ(^_^;

このあと宿に戻り、軽く飲んだあとベットで就寝・・・(-_-)゜zzz

次の日は礼文島に渡る。あさ7時半発のフェリーに乗るため6時半に朝食を用意していただきました。

1107akari_morning

朝食も薄味。美味しい和食でした(^^)

ロケーションもいいし、食事も薄味で最高。ちょっと量が多かったけど・・(^^ゞ
よく寝れたし雰囲気もいい宿でした。

|

« ’11豊富町の大規模草地 | Main | 礼文島 民宿山光 »

旅行・のりもの」カテゴリの記事

温泉(道北)」カテゴリの記事

Comments

再び、お邪魔しまーす。coldsweats01

貴重なお時間を割いて下さって、
早速のお返事有り難うございました。 o(_ _)oペコッ

「オンネトー」って国立公園なんですね!是非、うかがいたいですhappy01
「足寄」と書いて(あしょろ)、アイヌ語の名残でしょうか?
北海道には独特の響きや地名が多くって、何とも独特の雰囲気がありますねnote
ラワンブキとやらも一度拝見してみたいです。
有珠山の新噴火口へも足を運んでみます。

今回は、稚内方面へはうかがえませんが、機会を見つけて欲張らずにピンポイントで訪問してみたいです。
素敵な画像を紹介して下さってあるので、「行きたい欲」が湧いて来ます(笑)

突然の訪問にご親切に有り難うございました。
深謝申し上げます。

Posted by: けめ | 2011.07.08 at 10:42 AM

けめさん、こんにちは

7月の北海道は、魚も野菜も収穫時期になり、また(あちこちにある)生乳アイスクリームなどもおいしい季節ですcancer
天気もさわやかですし、楽しんできてくださいね〜

北海道の地名は、アイヌ語の漢字当て字やアイヌ語の和訳など、アイヌ語にちなんだものがほとんどです(札幌もアイヌ語の当て字なんですよ)
温泉も多いですし、満喫してくださいね!

Posted by: わららべ | 2011.07.10 at 01:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21853/52145494

Listed below are links to weblogs that reference 小さなホテル燈(あかり)[稚内市]:

« ’11豊富町の大規模草地 | Main | 礼文島 民宿山光 »