« おせちもいいけど・・ | Main | 手作りミートソースなど »

2012.01.17

うどの料理など

1201udo_nuta

お正月に相方の実家でお世話になった帰り、うちの実家から送ったというウドのお裾分けをいただいてしまった(__;

実家のあたりはベットタウンなんですが昔ながらの農家もいたりして、実はウドが名産だったりする。

写真はうどの酢味噌和え。
このウドは栽培物で、モヤシのように光を当てないで育てる。なのであく抜きいらずで生で食べられるのです。

うどの酢味噌和えのレシピは、
包丁の刃先をウドの切り口の皮に当てて、その先端を指で押さえてツゥーと引っ張ると皮が剥けます。
こうやって皮をむいたウドを薄くスライス(短冊状)にして酢水にちょっとつけてやるだけで下ごしらえ完了。

このウドにマグロぶつとワカメを添えて、上から酢味噌(西京味噌:砂糖:酢=1:1:1)をかけて和えるだけ。

歯ごたえはシャクシャクで、ウドの独特の香りもほのかに漂ういい口安めです。
突き出しでこんなのが出て来たら最高ですね(^^)

1201udo_reisyabu

うどの冷しゃぶ。
酢味噌和えとおなじように処理したウドに、豚のスライスをお湯にくぐらせたものと三つ葉、それにマヨネーズ:味噌:レモン汁=1:1:1で作ったタレと混ぜる。
(このときは味噌の代わりに相方のおみやげの豆腐の味噌漬けを使い、よりマイルドに(^^))
うどの香りは豚肉とも合いますね。

うどの下処理ではやや厚めに皮をむいておきますが、それは、

1201udo_kawakinpira

うどの皮できんぴらができるからです。
ウドの皮をゴマ油で炒めて、酒大さじ2と醤油大さじ1で多少煮詰めるだけ。
これが常備菜として役に立つのです。
お弁当のおかずから酒のつまみまで(#^.^#)

1201rumiere_b_quine

お酒は長沼の高丸商店で購入した山梨県のルミエールのレザンファン ブラッククイーン2008。
山梨県で栽培されたブラッククイーンを樽で15ヶ月熟成させたものだそうです。
最初に飲んだときは酸味とコクがまずきますが、ポアラーを使って注ぐと甘さがプラスされてマイルドな感じに。やさしい味で、和食の醤油とも相性がいいみたい。
ウドのようにクセのある食材なので、むしろ赤でよかったと思われ(#^.^#)

|

« おせちもいいけど・・ | Main | 手作りミートソースなど »

お酒」カテゴリの記事

料理(野菜)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21853/53746965

Listed below are links to weblogs that reference うどの料理など:

« おせちもいいけど・・ | Main | 手作りミートソースなど »