« 宇宙軒[空知管内岩見沢市] | Main | アヴィア リースリング2008 »

2012.03.02

フリウリ・イソンツォ ピノ・グリージョ2007

1202friuli_riesring

イタリアは北部、フリウリ州の白ワイン。
フリウリはイタリアのホントの端っこで、隣はもうスロベキアなのだそうだ。

そしてブドウはピノグリージョ、つまりピノグリ。つまりはこの前に札駅前の店で飲んで気に入ったスロベキアのシビピノ(=ピノグリ)と似たところがあるのではないか、と( ̄ー ̄)

酒のなかむらで購入。1480円とリーズナブルなお値段でした。

封を切ってグラスに注ぎ、一口いただくと、穏やかな酸味、ほどよく弱い苦み。すっきりとした飲み口でした。
・・でも香りはあまり香しいというほどでもない感じ( 一一)。
ま、値段も値段だしね、とあまり気にせず飲みすすめたが、、、5分ほど時間をおいたら全体的に落ち着いて甘みも出て来て、そしてなにより香りがすごくすっきりとしてきた。
なにより二日目にはフルーティな香りが広がりサイダーのようなさわやかさ。エキス感も広がってまるで違う酒のようでした(@_@;

1202kasube_battersote

カスベのソテー バターソース。
水カスベが見切り半額になってたので思わず購入。骨のところに包丁を入れて半分の厚さにスライスして、酒をいれたお湯でさっと湯がいてから塩コショウ・小麦粉をはたきカリッとソテー。
ソテー後のフライパンに白ワイン少々とバター一かけを入れてフライパンを揺すってとろみをつけてソースにして、ソテーにかけるだけ。

カスベの身はふわふわで表面はカリッと。白ワインの酸味とバターの風味がコクを出してなかなかのものです。

1202bajiru_salad

鶏のサラダ ジェノベーゼソース風味。
ニンジン、タマネギ、きゅうりをスライスして塩もみして、湯がいてほぐした鶏モモ肉とミニトマトといっしょに、バジルソースで軽く和えたもの。
バジルのさわやかさにニンニク・パルメザンチーズ・オリーブオイルのコクがあわさって酒のつまみにぴったり(^^)

|

« 宇宙軒[空知管内岩見沢市] | Main | アヴィア リースリング2008 »

お酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21853/54102104

Listed below are links to weblogs that reference フリウリ・イソンツォ ピノ・グリージョ2007:

« 宇宙軒[空知管内岩見沢市] | Main | アヴィア リースリング2008 »