« みついし牛のハンバーグを作る | Main | マルケス・デ・プラタ ロゼ2011 »

2012.05.27

ヨイチ・ノボリ ナカイブラン ケルナー 2011

1205yoichi_takahiko2630

後志管内の余市町にあるドメーヌ タカヒコのワイン。

2010ビンテージのナカイブランはミュラーとケルナーが出ていましたが、2011ビンテージではケルナーだけだそうだ。最近、とみに人気が集中しているようで札幌のワイン店では予約で完売したところも出たとか。。。

倉持商店で購入。2625円。

〈2010ビンテージの記録〉
ヨイチ・ノボリ ナカイブラン ケルナー2010
ヨイチ・ノボリ ナカイブラン ミュラー2010

コルクでなく、王冠で封しそのうえにロウ(バーボンのメーカーズマークのような密封方法)で密封されている。
ロウを切り王冠を開け、グラスに注ぐと泡が微炭酸というくらいにシュワシュワと。

飲んでみるとフルーティなさわやかさの酸味。
梅酒のようなプラムのような香りがあり、グラスを回すとリンゴのような香りになってきます。
刺すような強い酸味とエキス感を感じます。

ところでこのワインは”数日に分けて飲んで頂くか、デキャンタージュ、または数日前抜栓をして飲んで頂くことをお勧めします”とのことなので、初日は1杯だけのんで、メインは翌日です。

翌日になるとあれほどあった酸味がすぅっと引いて、フルーティさ、プラムのような甘さが出てくるからおもしろいですねぇ。

二日目にはみついし牛のハンバーグを合わせたのですが、肉に負けない力強さをもってました。

ところで初日は軽めのメニューに合わせてみました。

1205yoichi_ricesalad

イタリアン風に海鮮ライスサラダ(^_^;
白ワインビネガーと塩、砂糖を混ぜたオイル無しのドレッシングに炊いたご飯を和えて皿に引き、その上にオリーブオイル、塩、コショウ、レモン汁でマリネしたマグロとボタン海老の刺身をのせたもの。引いてあるのはシソの葉です。
こんな海鮮ものにも喧嘩しません。さすが余市は魚のうまい街(?)。

1205yoichi_sasamatarako

おまけにこんなものも作ってみました。
鶏のささみを湯がいてほぐして、ほぐしたタラコに和え、ポン酢を垂らして頂く。
これがかなりカニの味っぽい(^_^;
ネットの記事でみたのを真似てみたのですが、これは”プリン+醤油=ウニ”みたいなものじゃなくて、ホントに近い味がしました。
ま、たらこは決して安くないんですが・・・

|

« みついし牛のハンバーグを作る | Main | マルケス・デ・プラタ ロゼ2011 »

お酒」カテゴリの記事

料理(魚)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21853/54754924

Listed below are links to weblogs that reference ヨイチ・ノボリ ナカイブラン ケルナー 2011:

« みついし牛のハンバーグを作る | Main | マルケス・デ・プラタ ロゼ2011 »