« '12サッポロ冬物語 | Main | 牡蠣の季節だ »

2012.10.26

サルティンボッカとエビタコマリネ

1210paul_sarthin

広島・出雲・松江旅行記録にかまけてて日々の食事の記事がたまってますが、順次更新(__;

生ハムを牛薄切り肉で巻いて焼き、バターソースをかけたサルティンボッカ。
やっぱ肉は複数のものを混ぜて焼いた方がうまいですね。

僕が最初に買った”おうちでできるイタリアン”関係の本で一番簡単だったものです(^◇^;

牛薄切りに生ハムを載せて、セージを振って(あるなら生セージの葉を一緒に巻く)くるくると丸め、フライパンでじっくり焼く。
焼いたらフライパンから取りだし、そこに白ワイン(若しくは酒・水)を少々そそぎ、バター一かけを入れて煮詰め塩コショウで味を調えてバターソースにして。
噛むと味がじわじわとしみ出てくる料理です。

ちなみに生ハムは去年の秋に作ったものが冷凍庫に残ってたので消費(^^ゞ

1210paul_ebiasupara

なんか酸っぱいものが欲しかったので、エビ・タコとアスパラのマリネ。
エビとたこ、アスパラを湯がいて、スライスタマネギとミニトマトざく切りと塩コショウ・バジルとレモン汁であえたもの。
茹でたての熱いままマリネにした方が味が染みます。
これまた噛むと味がしみる~

1210pauljan_risring

飲んだお酒はポール・ジャングランジェ・アルザス・リースリング2008。
ちょっと前に酒のなかむらでセールで2300→1680円になってて購入したもの。
すーっと抜けるフルーティな香りでほどよい酸味とコクがある。飲み進むとだんだん甘さがで来る感じ。
前に飲んだときは甘さを感じてたみたいだが、今回は甘さはあとからじんわり来た気がします。

1210paul_momiji_newold

デザートは広島で買ったもみじ饅頭。
ふつうのもみじ饅頭と生もみじ饅頭。
生とはいうけど、食感が生のようにモチモチするもので、皮にモチ米を使っているそうだ。
甘さが控えめで意外とワインに合います(*^_^*)

|

« '12サッポロ冬物語 | Main | 牡蠣の季節だ »

お酒」カテゴリの記事

料理(肉)」カテゴリの記事

料理(魚)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21853/55956391

Listed below are links to weblogs that reference サルティンボッカとエビタコマリネ:

« '12サッポロ冬物語 | Main | 牡蠣の季節だ »