« ブリエ シャルドネ2011 | Main | 中華風あんかけポテサラ »

2012.11.18

ドメーヌ・ガングランジェ/シャンガラ2011

1211changara00

フランスはアルザスの白ワイン。
中澤ヴィンヤードで購入。1Lサイズのワインで2000円とお買い得品です(*^_^*)

ピノブラン 50%、オーセロワ 20%、その他30%(リースリング、シルヴァネール、ミュスカ)という組み合わせでほの甘くて酸味がさわやか。バランスのいい飲み口でした。
量も多いしぐいぐいいけますね。

飲み始めると香りはほのかな花のようなさわやかな香り。でもちょっとシンナーのような匂いが気になりますが二日目にはそれがなくなりハチミツのような雰囲気になっていきました。

二日目になると甘さもちょっと引いて、酸味と苦みの味わいが出てくる感じ。
でも三日目にはハチミツの香りが引いてまたシンナーの香りが気になり、甘さも引いて酸味と苦みが目立つ感じ。ちょっと劣化したかな。。。。
でも2000円で1Lの容量でこの味は大変お買い得ですね

去年も中澤さんのところで別銘柄の1Lワイン(ルネミュレ・シニャチュール2010)があって気に入ってたんですが、なんでも注文殺到で割り当てがなかったとか(^◇^;

1211changara_humbregnabe

ハンバーグ・トマト鍋。
購読している新聞のおまけ冊子に出ていたレシピで、焼いたハンバーグをどん!と鍋の上に載せてしまえ、というもの(^^ゞ
ジャガイモ・ニンジン・タマネギ・キャベツをトマト水煮と水・昆布、ブイヨンキューブでベースの鍋を作り、そこに豚・牛合い挽き肉とタマネギみじん切り・塩コショウ・スパイス(ナツメグ、チリペッパー)でこねて焼いたハンバーグを焼いて出た肉汁ごと鍋に放り込み、湯がいたほうれん草とチーズを載せてフタをして、チーズが溶けるまで弱火で煮る。

ハンバーグからあふれる肉汁と脂もトマトの酸味でさわやかになります。
これでパスタを煮込んでもいいかもなぁ。

1211changara_shioyakisoba

でもパスタじゃなく塩焼きそば(。_・☆\
軽く湯がいた中華麺を湯切りしてオリーブオイル少々で和えておく。
中華鍋を熱してベーコン・白菜・ピーマン・ホタテを炒めて、そこに中華麺を加え、仕上げにすり下ろしたタマネギ・塩大さじ1/2・酒大さじ1・ゴマ油小さじ1で溶いておいた塩だれを回しかけていっきに絡める。

ホタテと塩とタマネギの組み合わせは北見塩焼きそばからいただきました。でもこのレシピだとお店で食べるような強烈なものじゃなくシンプルです( 一一)

|

« ブリエ シャルドネ2011 | Main | 中華風あんかけポテサラ »

お酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21853/56129953

Listed below are links to weblogs that reference ドメーヌ・ガングランジェ/シャンガラ2011:

« ブリエ シャルドネ2011 | Main | 中華風あんかけポテサラ »