« 赤ピーマンの肉詰め | Main | ミスドのふんわりハート ストロベリーショコラほか »

2013.01.27

ヴァイングート・J.L.ヴォルフ / フォルスター リースリング トロッケン Q.b.A2005

1301fors1890

ドイツはファルツ地方の白ワイン、フォルスター リースリング トロッケンQBA。

なんかこの前飲んだドイツ醸造家によるスロバキアのリースリングがすごく美味しかったので、改めてドイツワインを飲んでみようかと思い、酒のなかむらで購入。1890円。

しかしさすがなかむらさんだ。このワインはネットで流通しているのはほとんど2009年産なんだけど、当たり前のように2005年産を売っているんだもん(^_^;

ファルツ地方とはドイツ・ラインヘッセンの南側かつフランス・アルザスの北側にあり、ドイツでは古代ローマの頃からブドウ栽培が行われている土地だそうな。

グラスに注いでみると、なんと2005年産なのに少し泡が付いた。そして口に含むと軽いシュワシュワ感もある(^^ゞ
すっきりした酸味、適度な渋味、香りは干されたブドウのような感じでコクがあるがすっきりした味わい。
ワインの温度が少し上がってくると酸味がほどよくマイルドになって今度は後口にすっきりした甘みも出てくるような。
コクがあるけどすっきりしている。んー、これはイタリアンや和食なんかにも相性がよさそうだ。

1301fors_spaomu

スパニッシュオムレツですが、ワインに合わせて味付けはごく薄味に。
電子レンジで下処理したジャガイモ・ブロッコリ・赤パプリカ・タマネギをボウルに入れて卵と牛乳少々、塩コショウ少々、サイの目に切ったゴーダチーズと混ぜてからオムレツに。
具だくさんのオムレツで、味付けを薄くしたので野菜の味わいを楽しむ物です。
寒い場所に置いておいたジャガイモが甘くておいしいのです(*^_^*)チーズとよく合うんですよね。

さて、ワインは二日目、三日目になると香りも味わいも穏やかな感じですが、芯にすっきりした酸味が通っているのです。なによりコクが深まって。
・・この辺が同じドイツでもセイコマの500円ワインとは違うんだよなぁ( 一一)あっちは二杯目になると甘すぎてべたべたで・・(T^T)

1301fors_oroshihambreg

和風ハンバーグ。
牛豚の合い挽き肉に水をホンの少し足して塩コショウしてよく揉み、粘り気が出てきたらサイの目にきった長芋を混ぜ込みフライパンでじっくり焼く。
焼いたハンバーグにシソと大根おろしを添えてポン酢でいただきます(^-^)/
長いもが焼くことでほんのり甘く、ポン酢とシソでさわやかに。

|

« 赤ピーマンの肉詰め | Main | ミスドのふんわりハート ストロベリーショコラほか »

お酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21853/56629302

Listed below are links to weblogs that reference ヴァイングート・J.L.ヴォルフ / フォルスター リースリング トロッケン Q.b.A2005 :

« 赤ピーマンの肉詰め | Main | ミスドのふんわりハート ストロベリーショコラほか »