« ふぐがたくさん | Main | 鶏モモのアンチョビソテー »

2013.02.22

ドメーヌ・ストフラー/ピノノワール2010トラディション

1302kasu3_alzasupino

アルザスの赤ワイン、ドメーヌ・ストフラー/ピノノワール2010。
アルザスの中規模ワイナリーが有機農法で作ったワインだという。

酒のなかむらで購入。1980円。
アルザスのピノノワールにしてはリーズナブルなお値段だけど、濃厚でいてすっきりというおいしいワインでした。

グラスに注ぐと、プラムっぽくちょいと酸味を感じる香り。
口に含むとすっきりした酸味と苦みを含んだコク。ザクロのような苦みだな。
色はとってもきれいな紫色(いい醤油みたいな色だ)。

そのうちだんだんと甘みが広がってきてコクも深まっていく感じ。
アルザスのピノにしては酸味が抑えられてコクが深い印象かな。

二日目になるとプラムっぽい香りがどんどん広がってきました。
最初はすっきりだと思っていたがどんどんとコクが深まっていく感じでした。

1302kasu3_ushi

酒粕料理第三弾~
まずは牛モモ肉の酒粕味噌漬け。
味噌が熟成されていたからか、前の鶏モモがちょっと味が濃かったので、酒粕2味噌1で肉に塗り冷蔵庫で二晩おいてみました。

1302kasu3_ushi2

味噌をぬぐってから油を引かないテフロンのフライパンでじっくり両面焼く。
焼いたあとはアルミフォイルにくるんで5分ほど置いて肉を休ませスライス。
・・ちょっと味噌がたりなかったかな(^◇^;。酒粕の香りが強く塩気が控えめ。醤油を垂らしてもよかったかも。。

1302kasu3_tofugobo

豆腐の酒粕味噌漬けとごぼうサラダ。
豆腐は重しを置いてじっくり水切りしてからキッチンペーパーで来るんで、ペーパーの上に酒粕味噌を塗ってそのままラップして冷蔵庫で二日ほどおいた物。こちらも酒粕が強くて塩気が少しすくなめ。
食感はかまぼこのようになっていました。
ごぼうサラダは鶏モモ肉を鍋で2,3分煮てから、そこに千切りしたごぼうとニンジンも入れて一緒に煮る。
煮上がったらお湯を切って、鶏モモは千切りにしてごぼう、ニンジンといっしょに、マヨネーズ大さじ1に味噌と酒粕小さじ1といっしょに和えた。

1302kasu3_takopasta

お食事はたことブロッコリのパスタにしました。
たことアンチョビ、みじん切りニンニクと鷹の爪をオリーブオイルで炒めてパスタのゆで汁でペペロンチーノ風にしておき、パスタと一緒にブロッコリも茹でてそのまま和える。

1302kasu3_deza

デザートはカントリーマアムアイス~
クラッシュカントリーマアム入りというので買ってしまいました。
・・でもクラッシュだとカントリーマアムっぽいしっとり感は普通のクッキーと同じことに気づいてしまった。
普通のクッキー&クリームと同じような感じでしたね(^◇^;

|

« ふぐがたくさん | Main | 鶏モモのアンチョビソテー »

お店(製品)」カテゴリの記事

お酒」カテゴリの記事

料理(その他)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21853/56782830

Listed below are links to weblogs that reference ドメーヌ・ストフラー/ピノノワール2010トラディション:

« ふぐがたくさん | Main | 鶏モモのアンチョビソテー »