« 東武鉄道で栃木方面へ | Main | 麺屋 菜々兵衛[札幌市白石区] »

2013.07.03

ラ・バガボンド 2011/ラ・トレイユ・ミュスカ

1306vaga_2100

フランスはラングドック・ルーションの白ワイン。

フランスの女性醸造家が作るワインで、自然派の気鋭の方だそうで、かなり個性的、かなり自由なワインでした。
なんとも印象的で、表現が難しい(^_^;

チャレンジしてみたい、という印象!?うーん、うまくいえない。

中澤さんのところで、シードルを買ったときに一緒に購入しました。2100円。
ラングドックにしてはそれなりのお値段。

中澤さんのwebでの紹介文は、
「マカブー 50% マルサンヌ50%.ハーブやスパイスなどの複雑な香り、きれのある酸味と苦みの余韻.似たものを思いつかない、かなり個性的な白ワインです.時間がたつと柑橘などの風味も現れ、親しみやすくなりました.」
とのこと。
中澤さんの話では、”栓を抜いてから1週間くらいしたら普通の白ワインになった”とか(@_@;

心して飲むことにしました( 一一)

1306vaga_hotategura

スーパーで見きりで殻付きホタテが安かったので、ホタテの殻を使ったグラタンなど用意。
(ホタテの貝柱とヒモと卵をタマネギ、きのことオリーブオイルで炒めて小麦粉と牛乳、味噌少々で堅めのホワイトソースにして、殻に盛ってチーズを載せてグラタンで焼く)

グラスにそそぐとうすにごりがある。
香りはスパイスのような複雑な香り。
口に含むとシュワシュワ感があるのだが、なにより苦みが強い。そして後口にちょっとずつ甘みと酸味が。柑橘の皮のような味わいですねぇ。
これはなかなか手強そうだ、と思い、一口飲んだらまた栓をして冷蔵庫に戻しました。

1306vaga2_pasta

翌日。食べ物は海鮮パスタを用意しました(ミックスシーフードとタラコとカニかまなど)。

香りは花束のような華やかな香りが。
コクのある甘みとほの酸味が濃厚に感じられますが、でもやっぱり苦み(^_^;
んー、まだまだかな?とまた一口のんで冷蔵庫へ。

このあと外に出てたり休肝日があったりして、二日ほどお休み。

中二日挟んで五日目。
香りはいっきにフルーティに。マスカットかな。でもやっぱり苦みが強烈。
グラスに注いでから温まってきたら苦みが弱くなってきた(他の味が出て来た)から、あまり冷やしすぎない方がいいのかな。

1306vaga4_cho_2

羽田空港で買ったショコラドプレッソ。
マスカルポーネとホワイトチョコの濃厚クリームが入ったしっとりしたティラミス風ケーキでかなり濃い味なんですが、このワイン、このケーキに全然負けてない(@_@;

最終日六日目。
香りはスパイシーなんだが、なんか材木に挽いた木のような香りを感じました。
甘み、まろみ、そして苦み。苦みはだんだんうまみに変わってくる気がします。酸味はあとから出てくる感じ。

・・毎回毎回くるくる見える顔が変わってくる不思議なワインでした。
ちょっと残念だったのは冷蔵庫で冷やしすぎたかな、ということ。まだ涼しかったから冷蔵庫にいれないで常温で保存しててよかったかも。あと、封を切ってからもっと時間をおくべきだったかな( 一一)

でも、僕の好みである「どっしりした白」。このワインのいろんな顔を持ってみてみたいと思いました。
・・・秋にもう一本買ってみるかな♪

|

« 東武鉄道で栃木方面へ | Main | 麺屋 菜々兵衛[札幌市白石区] »

お酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21853/57690255

Listed below are links to weblogs that reference ラ・バガボンド 2011/ラ・トレイユ・ミュスカ:

« 東武鉄道で栃木方面へ | Main | 麺屋 菜々兵衛[札幌市白石区] »