« '13サッポロ冬物語 | Main | ドメーヌ・レサック ヴィオニエ2011 »

2013.10.11

'13 松原農園ワイン2010を飲む

1309matubara2010_00

購入してから押し入れの布団でぐっすり二年間お休みいただいた松原農園ワイン2010を飲んでみました。

買った年は”あっさりすっきりほの甘”、一年後には”比較的濃厚で、甘みや酸味、苦みも味わいが丸い”、という印象でしたが、二年経ってグラスに注いだ色も黄金色になって、味わいも深くコクが出てきました。

グラスに注ぐと濃厚な梅っぽい香り。口に含むとすっきりとした甘みがあり、コクのある丸い酸味の裏に心地よい柑橘系の苦み。

1309matu2010_nattomaomu

納豆トマトチーズオムレツなんて作ってみました。
納豆とミニトマト、溶けるチーズを卵で溶いてオムレツに。
ただ安いテフロンのフライパンを使っていたのと卵1個しか使わなかったからか、納豆が糸引いてフライパンにこびりついてしまい、うまくまとまらないでスクランブルエッグ風になってしまった。
・・味はいいんですけどね(^_^;
この辺だとワインとの相性は普通に良いですね。

1309matu2010_nabe

二日目には鍋にしました。
白菜と豚肉と豆腐を生姜醤油で。
醤油ですがワインの味わいが変わらない。この辺が日本のワインなのでしょうか。

二日目になると濃厚なバニラ香が出てきて、しかし味わいはむしろすっきり。甘さもほの甘く。

このワインは、”食事のじゃまをせず、脇役として目立ちすぎない、優しい味わいのワイン”というのが作り手の意向だそうですが、やっぱりすぐ飲むよりは1、2年は置いた方がおいしいですね。

しかしこれで2010は飲み終わりだ。
職場の共同購入で買ってたもので、この四月で異動になったから12から買えなかったのが残念なところ。

|

« '13サッポロ冬物語 | Main | ドメーヌ・レサック ヴィオニエ2011 »

お酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21853/58347755

Listed below are links to weblogs that reference '13 松原農園ワイン2010を飲む:

« '13サッポロ冬物語 | Main | ドメーヌ・レサック ヴィオニエ2011 »