« 室蘭八幡宮で菊咲一華 | Main | らー麺 こぶし[札幌市東区] その5 »

2014.03.30

上幌ワイン2012藤澤農園余市ケルナー

1403kamihoro_2625

岩見沢市栗沢にある上幌ワインの藤沢農園余市ケルナー2012を開けました。
醸造元は10Rワイナリー


去年の8月に販売開始して、あちこちで即完売状態だったワインですが、なんとかツテ偶然などで、なんとか確保(^_^;
でもやっぱりなかなか封を切る勇気がでなくて、ついついここまで来てしまった。

でもやっぱうま~(!o!)

去年秋の、大通公園のオータムフェストで飲むことができたのですが、今回はボトルを開けるので充分賞味できます。

グラスに注ぐと薄い黄色。泡も少し。
香りはバニラ、桃、オレンジ、リンゴっぽい濃厚な香りがいきなり漂う。うん、半年寝かせた甲斐があったな(^^)

味わいは、酸味と苦み、ほの甘感が濃厚で、いきなり深い味わい。
そして段々とオレンジ・リンゴのような酸・甘感が脹らんできて、後味には蜂蜜のような濃厚さ。
2杯目になったらもう既に桃のような広い甘み、なにより旨味が広がってくる。
酸・苦・甘のバランスがよく重層感のある味わい。
いやぁ、これすごい。。

1403kamihoro_buropasta

ブロッコリとキャベツのパスタ。
ミックスシーフードとタマネギを炒めて、茹で上がる前にアンチョビペースト少々追加。そこに茹であがる2分前にキャベツとブロッコリを入れて一緒に茹でたパスタを投入。
アンチョビキャベツはよくあるけど、ブロッコリもキャベツの仲間だし、相性ぴったりです。

アンチョビの濃さもワインにぴったり♪

封切った初日からいっきに広がった味わいで、ついつい飲みたくなってしまいましたが、なんとか2杯でとどめて翌日へ(^_^;

二日目。
バニラ・桃・パッションフルーツといった南国系の香りが芳醇に広がり、味わいも酸味・苦み・甘みがバランスよく濃厚に。甘みは初日より少し増した感じですね。
丸く深く厚みのある白ワイン。

1403kamihoro2_nabe

二日目はたらちり。
鱈と白菜と豆腐たっぷり。
ポン酢であっさり戴きました。
濃厚な味わいのワインだけど、あっさりした鍋にもしっかり合います。
飲んだ後口もすっきりだしね。酸味のバランスがいいんだなぁ。

三日目。
二日目とほぼ同じような香り、そして味わい。
でも味わいはやや甘み・苦みが出て来て、酸味がやや引いてきたかな。
僕的にはこの方が好き(^^)

1403kamihoro3_torisoba

三日目は鶏の付けそば。
鶏とキノコ、牛蒡などを炒めてだし醤油と黒砂糖で濃い目にそばの付け汁にして。
鶏と牛蒡の濃い味わいですが、このワインもいい感じに合います。
うん、やっぱ和食に相性がいいなぁ。

なんとかここまで残せた四日目。
梅っぽい雰囲気になってきてきました。
酸味は角が取れて丸くなってきた感じ。

1403kamihoro4_sakekasuduke

この日は鮭のハラスの粕漬けです。
塩鮭のハラスに酒粕を塗って、チルド室で3日ほど置いた物。
塩気が少しマイルドになって、また鮭の身がしっとり柔らかくなります。

いやぁ、最後まで美味しく楽しませて戴きました。
ケルナー、うまいなぁ。。
ストックのワインがこのあとどう変化するか、楽しみです(^^)

|

« 室蘭八幡宮で菊咲一華 | Main | らー麺 こぶし[札幌市東区] その5 »

お酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21853/59374318

Listed below are links to weblogs that reference 上幌ワイン2012藤澤農園余市ケルナー:

« 室蘭八幡宮で菊咲一華 | Main | らー麺 こぶし[札幌市東区] その5 »