« パスタダイニング カロータ[札幌市厚別区] その2 | Main | 鮨一[札幌市新川] その11 »

2014.05.26

スール・ラット/ラ・グランド・コリーヌ

1405surlatte01

フランスは北ローヌのラ・グランド・コリーヌの白ワイン、スール・ラット。

前に赤を飲んだラ・グランド・コリーヌですが、これはそのワイナリーの友人の作ったワインのプロデュースしたものだそうで。
ワイナリー10周年であり、かつ東北の大震災チャリティーワインだそうです。

でも大変おいしくいただきましたので、こういうチャリティーなら大歓迎。というかもっとチャリティー部分が大きくても良かったと思います。大歓迎だ(^^ゞ

東室蘭の酒本商店 寿店で購入。2036円でした。

これはラ・グランド・コリーヌのではなくその友人のワインをプロデュースして出したもので、'01-02産のマルサンヌのワインをスパークリングに仕込んだところ、途中で止まってしまったものを微発泡として出したのだそうな。

そう聞いてほどほど冷やしたくらいで王冠を外したら、けっこうな勢いで中味が出てきてちょっとこぼしてしまった(__;
あーもったいない(@_@;

さて、口に含むとけっこうなスパークリング具合。
でもバニラやリンゴのようなコクと風味がある香りで、味わいもちょっと甘みがあるがすっきりな甘さと苦み。微炭酸(よりやや強め)で後口すっきりです。

1405surlatte_niku

牛肉のちょっとスジがある部分に包丁とタタキを入れて焼いてワサビ醤油でさっと味付けしたもの。
スジがあるから噛むと味わいが深いのですが、こんなのとの相性は最高ですね。口の中をさっぱりさせてくれます。
といいつつ、水菜とかまぼこの煮物とかの相性もいいんですよね(^^ゞ

さて、二日目。
二日目になったら苦みというか渋味というか、いい感じに口を引き締めてくれる感じが広がって、それに甘みも深まるので味の幅がどんどん広がった感じ。
香りや味の傾向は前日とあまり変わりませんでした。

1405sur2_asu_gura

この日はアスパラが大量にあったので、アスパラ料理。
アスパラのクリームグラタンなど作ってみました。
アスパラの自然な苦みと甘みにぴったり合う感じの穏やかな味わいのワインですね( ´-`)

中一日挟んだ三日目。
三日目になったら香りがどんどん深くなって、チョコレートやプラムのような深く濃い香りになっていました。
味わいは酸味とコクが強くなって、ウイスキーのような後口。濃厚でありながらすっきり。

1405surlatte3_reisyabu

この日は牛の冷しゃぶサラダだったのですが、濃いコクと後口さっぱりさがまさにぴったりでした。
スーパーの見切り品に合わせたメニューだったのに、偶然だなぁ(^◇^;

|

« パスタダイニング カロータ[札幌市厚別区] その2 | Main | 鮨一[札幌市新川] その11 »

お酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21853/59705106

Listed below are links to weblogs that reference スール・ラット/ラ・グランド・コリーヌ:

« パスタダイニング カロータ[札幌市厚別区] その2 | Main | 鮨一[札幌市新川] その11 »