« 魚吉 札幌駅前店[札幌市北区] | Main | '14生協の沖縄フェア 夏編 »

2014.07.31

ヴィニャソウ2011/レ・カプリアド

1407vinya_2400

フランスはロワール地方中流域トゥーレーヌのワイン、ヴィニャソウ2011。
ヴィニャソウとはソーヴィニョンブランのスペルの入れ替えで、ソーヴィニョンブラン100%だそうです。

中澤さんのところでラ・フィーユ・ド・レーヌを買ったときに一緒に購入。2400円。

奥様から強くご推薦さらました。”個人的には許容範囲ですが、全ての人にお勧めはしません.
攻めたワインがお好きな方、是非!”
というワインだそうです。
・・僕はどんだけ”攻めてる"と思われているのでしょうか(^◇^;

でもとっても美味しかったので、しかたないんだな( ̄ー ̄)

さて、どんだけ”攻めた”ワインなのだろう、とびくびく封を切りグラスに注ぐ。
香りはりんご、桃、クリームの合わさった洋菓子系の香り。いい香りだ。

そして口に含んでみると、、、なんだ全然好みの味じゃないか(!o!)
甘コク〜酸味〜渋み〜の順にやってくる。濃いリンゴのような雰囲気。
ふつーに僕の好みです。うまい。
後口はちょっと洋酒風な雰囲気があり、飲み進むとそれはより明らか。

タプコプブラン2012にも似た感じ。そういえばあれもソーヴィニヨン100だったっけ。後口の洋酒系すっきり苦みくっきり感は、タプコプコンコンを思わせるところもある。

1407vinya_maitakeushi

食事は牛肉と舞茸の炒め物。モヤシとズッキーニも入れて、味付けは塩コショウのみ。
牛と舞茸の組み合わせは鉄板ですよね。塩だけで充分深みが出て来ます。

さて、翌二日目。
香りはカスタードプリンに桃が加わったような感じ。冷蔵庫で冷やしていたので軽めだったのですが、温まってくると深みが出て来ました。

味わいはまろやかで、酸味甘みやや苦みまとまった感じ。リンゴ果汁にほどよい苦み

1407vinya2_abokadoomu

食事はスパムとアボカドのオムレツ。
これも味付けは塩のみ。といってもスパムのスパイスが充分なんですけど。
アボカドのまったり感がいい感じに絡みます。

更に翌3日目。
香りはどんどん芳醇に。アップルパイの様でりんご桃クリームバニラといった感じ。
飲み口はりんご>桃。置くと洋酒系のすっきりコク。
常温だとシェリーのような酸化香りですっきりというか淡泊になってしまうので、僕はやや冷え状態のまろやかさがいいなぁ。

1407vinya3_itachira

これまで肉系を合わせてきたけど、この日はイタリアンちらし寿司で。
レモン汁の酢飯に、マグロとアボカド・バジル・トマト・茹で海老にマヨネーズ少々レモン汁少々塩少々で和えたものをどさっと載せただけです。
これがまたワインと良くあったんですよ(^◇^;

いや、、、これ全然”攻めた”感じじゃなくてもろ僕好みのワインでした。
インポーターの記載をみると”しょっぱいようなミネラル感”とあったのですが、しょっぱいというイメージもなく、むしろ洋菓子系の甘さ。
・・ちょっと時季を置いたのがよかったのか、僕の舌がばかなのか(__;

|

« 魚吉 札幌駅前店[札幌市北区] | Main | '14生協の沖縄フェア 夏編 »

お酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21853/60045601

Listed below are links to weblogs that reference ヴィニャソウ2011/レ・カプリアド:

« 魚吉 札幌駅前店[札幌市北区] | Main | '14生協の沖縄フェア 夏編 »