« トムヤムクンヌードル | Main | ベーカリー コネル[札幌市厚別区] その2 »

2014.10.27

RICCA雪の系譜ピノ・ノワール2013

1410houpino2808

岩見沢市にある宝水ワイナリーのピノ・ノワール2013。
ワイナリー前に広がる自社農園で栽培されたブドウのみで作る”雪の系譜シリーズ”のピノノワールです。

澄んだキレイな味わい。色もキレイですねぇ。
ホントに軽くてさっぱりした赤です。

蔵太郎で購入。2808円。


********************************************
宝水ワイナリーのワイン
RICCAシャルドネ2011('12/11)
RICCAシャルドネ2009('10/09)
RICCAケルナー2009('11/08)
RICCAケルナー2008('10/10)

グラスに注ぐとホントキレイなワインカラー。澄んだ色合い。
香りはほの曖昧香り。カラメル香が少し。
口に含むとすっきりした酸味とほの甘み。
ライトボディのさっぱりすっきりした味わいです。

1410houpino_toufu_gura

豆腐グラタンなぞ。
ホワイトソースに味噌を入れた味噌ソースを豆腐にかけて、上に解けるチーズを載せてグラタンに。
味噌と赤ワイン、なんとも日本的に組み合わせだけどすっきり酸味が立って、後口さわやかだったりする。

1410houpino_buta_mamaredo

豚バラブロックのマーマレード煮。
豚バラブロック肉を1cmくらいの厚さにスライスしてじっくり焼き、仕上げに酒に溶いたマーマレードジャムを入れて煮詰める。
豚のコクとマーマレードジャムの苦みがちょうどあって、また肉がジューシーでプリプリです。
ワインとはケンカせずにこれもすっきり酸味。
・・・すっきりしすぎな位すっきりした赤ですね。。

翌二日目。
香りにほのかにリンゴ的な雰囲気が出てきました。
しかし、その分、ますますさっぱりして、赤というより白ワインっぽい雰囲気も。

タンニンはサラサラ、キレイな味わいです。

1410houpino2_unagi

この日は鰻の蒲焼き。
・・こんな味の濃く醤油の濃厚な料理にですが、さっぱりとした赤はいい感じに口をさわやかにしてくれました( 一一)

翌三日目。
まろやかなケーキっぽい香り。バニラ香も出てきました。
ここまで来てようやく赤らしく、フルーティな甘みと苦み、酸がしっとりしてダシ系のコクも感じられます。
タンニンもほのかに出てきました。
赤らしく、プラムやベリー系のコクも。
・・’13と若いから、まだ早かったという面もあるかな(-.-;

1410houpino3_buriteri

この日はブリの照り焼き。
醤油大さじ1に蜂蜜大さじ1弱を酒1/2カップで溶いて、脂を引かないテフロンのフライパンで焼いたブリ切り身に回しかけて煮詰めたもの。
醤油と砂糖のコクに赤ワイン。なのにケンカしないで後口すっきりさっぱりです。


ちなみに、今どき宝水ワイナリーといえば、映画のロケ地になったことで有名。

1410budonami02

先日、休日の朝1の会にその映画を見てきました。
シネコンのチケット売り場は行列できてたけど、会場はガラガラ。
外れた場所に指定席取ったので少し貸切気分。やっぱ映画は朝1がいいな。

えー、この映画、ファンタジーです。架空の地域というより架空の国の物語。
基本、人間関係の映画で舞台演劇っぽい。登場人物も少ないしね。
ワインはツールの一つであって、ワイン映画ではない。
(何しろブドウ栽培にしてもワイン醸造にしてもワインを飲むことにしても、僕くらいでさえ突っ込み処満載。。あと化石についても何とかして。。)

1410budonami01

八列トウキビとかベーコンとか美味しそうだったけど、作中のワインはあまり美味しそうに見えなかったのが残念。
あと役柄的には主役は洋ちゃんより健ちゃんだな。商業的にはともかく( 一一)

|

« トムヤムクンヌードル | Main | ベーカリー コネル[札幌市厚別区] その2 »

お酒」カテゴリの記事

つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21853/60543915

Listed below are links to weblogs that reference RICCA雪の系譜ピノ・ノワール2013:

« トムヤムクンヌードル | Main | ベーカリー コネル[札幌市厚別区] その2 »