« '15生協の沖縄フェア その3 | Main | '15室蘭八幡宮で菊咲一華 »

2015.03.20

イル フィオーレ ランゲ ビアンコ 2012/ブライダ

1502lange2200


イタリアは北部、ピエモンテ州の白ワイン、イル フィオーレ ランゲ ビアンコ の2012。

ランゲは地区名で、先日飲んだロエロの河を挟んだ向かい側地区なのだそうで。

はやしや商店で購入、2201円。
インポーターは(有)フードライナー

シャルドネ70%とナシェッタという地品種30%のワインだそうだ。
先日飲んだロエロ・アルネイスよりはふくよかだが、やっぱり芯は堅めできりりとした印象。

口に含むと香りがふくよかな感じ。
ただ口に含むとキリッとキレ。
はじめ甘コクの印象が、飲んで行くとだんだんと梅っぽく塩気もあるくらいに硬い感じになってくる。

1502lange_tebayaki

手羽先焼き。手羽先に塩を揉み込んでフライパンで両面カリッと焼くだけ。まぁ焼き鳥です。
これにホントぴったりだわ(^.^)。飲んだ後口の中さっぱり。

1502lange_sakeyasaimushi

塩鮭と野菜をルクエで白ワイン蒸しに。
こういうのにも合う感じ。鮭が生臭くない。キリッとしている。

翌二日目。
香りにリンゴ系で、味わいもふくよかな甘コク。
それがやっぱり飲んで行くと梅ほろ苦味、酸、硬質だ

1502lange2_toribarusamiko

鶏モモのバルサミコソテー。
鶏モモ肉を塩コショウで焼いて、焼いた後にバルサミコとワイン少々を入れて煮詰めてソースにしたもの。

なんか鶏ばっかですけど、この後口のキレが鶏によく合うのは事実。

翌三日目。
やっぱり青リンゴと梅。
はじめまろやかだけど、芯の部分は硬質なくらいに酸が立ってる。といっても刺すような酸ではないので心地いい。

1502lange3_torisatumaimo

結局この日も鶏でした(^_^;
鶏モモとサツマイモの煮物。
鶏肉とタマネギを炒めて、そこにレンチンしたサツマイモを入れて醤油と酒少々で炊いた。
サツマイモのホクホクと甘みが鶏の脂とよく合う。
そんでキリッとしたワインが流してくれる感じ。

ランゲ地区には他にファボリータという地品種のワインもあるそうで、こっちも飲んでみたいなぁ。

イタリア北部のワインで、ピエモンテってあまり飲んでなかったけど、先に飲んだロエロ・アルネイスと今回のランゲビアンコ(ナシェッタ)、僕的にはフリウリみたいにもうちょっと丸っこくふくよかな方が好みかな。
ただピエモンテの北西にあるヴァッレ・ダオスタのワインは僕好みだった。この辺は標高に寄るのだろうか。
まだまだ勉強することが多いなぁ。

|

« '15生協の沖縄フェア その3 | Main | '15室蘭八幡宮で菊咲一華 »

お酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21853/61285918

Listed below are links to weblogs that reference イル フィオーレ ランゲ ビアンコ 2012/ブライダ:

« '15生協の沖縄フェア その3 | Main | '15室蘭八幡宮で菊咲一華 »