« 手打ちそば処 松葉[苫小牧市] その2 | Main | '15生協の沖縄フェア その3 »

2015.03.18

コッリオ・リボッラジャッラ2013/パオロ・ヴェンチュリーニ

1502ribora1909


イタリア北部、フリウリ=ジュリア=ヴェネツィア州の白ワイン、コッリオ・リボッラジャッラ2013。

はやしや商店で購入。1909円。
インポーターはアズマコーポレーション

フリウリの地ブドウであるリボッラジャッラで仕込んだ白ワイン。割と高めなのが多いのですが手頃な値段、それでいてコク深く、これはうまいわぁ~(#^.^#)

********************************************
パオロ・ヴェンチュリーニ
'15/02 コッリオ・ソーヴィニョンブラン2013
'14/06 コッリオ・フリフラーノ2012

さて、グラスにそそぐと穏やかなリンゴ柑橘香
味わいはやや焼きリンゴ、まろやか。酸と苦味と後口すっきりと、僕の好みにもろストライク!

1502ribora_porkburuberi

ポークソテーのブルーベリーソース。
豚ロースに塩コショウと小麦粉をはたいて焼いたところに、ブルーベリーに砂糖をまぶしたものを白ワインと一緒に流し込んで少々煮詰めたもの。
ブルーベリーの酸味とコクが豚とよく合う。豚は甘みのあるベリー系とよく合うなぁ。

翌二日目。
リンゴとヨ-グルトのまろみ、甘コク酸コク。
リンゴは紅玉よりフジといった感じだな。

1502ribora2_hokke

この日はほっけの干物にトマトのマリネを載せてみた。
ほっけの淡泊だけど脂がのってるところにトマトマリネのまろみがいいんです。ワインにもぴったり。

翌三日目。
華やかでふくよかな香り。
まろやかさもリンゴとオレンジ、桜桃の甘さも。甘みとコクですねぇ。

1502ribora3_potepanpkin

アンチョビかぼちゃポテト。
じゃがいももカボチャもホクホクで、アンチョビと合わせてより甘みが出て来ます。

ちょいと前に同じイタリア北部でも西側のピエモンテ・ロエロの地ブドウ、アルネイス種のものを飲んだけど、あっちはどちらかといえばキリッと酸が立っていて、やっぱ僕的にはフリウリのまろやかさがいいなぁ。

|

« 手打ちそば処 松葉[苫小牧市] その2 | Main | '15生協の沖縄フェア その3 »

お酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21853/61282439

Listed below are links to weblogs that reference コッリオ・リボッラジャッラ2013/パオロ・ヴェンチュリーニ:

« 手打ちそば処 松葉[苫小牧市] その2 | Main | '15生協の沖縄フェア その3 »