« 喰い処 弐七(にいなな)[苫小牧市] その2 | Main | ろまん亭のイチゴチョコモンブラン »

2015.04.02

クレピィ ラ ペルシェット2011/ドメーヌ・フィシャール

1503savoe00

フランスはサヴォワのレマン湖南端にあるドメーヌ・フィシャールの白ワイン、クレピィ ラ・ペルシェット2011。
ブドウはシャスラーだそうです。あまりお目にかけない品種ですね。
でも香りがすばらしく味わいも甘みと酸味、コク、渋味のバランスがよく奥深いいいワインでした。

それでいてお値段は2000円とちょっと。
グランヴァンセラーで購入しました。
インポーターはアズマコーポレーション

グラスに注ぐと控えめな赤リンゴとオレンジの香り。
味わいコクとほの甘み。
リンゴの酸と甘みだな、まだ広がってない優しい味わいと香り。

1503savoie_noriwasalad

海苔ワサビサラダ。
切って叩いたキュウリとミニトマト、千切りしたシソにワサビ醤油とオリーブオイル、ちぎった海苔を加えてひたしたものをちぎったレタスに載せる。
しゃっきりサラダですがすっきりしたワインとも合ったりして。


翌二日目。
香りが華やかになってきました。リンゴっぽいかおり。
味わいは酸すっきりほの渋コク。軽く感じるがコクあり。
舌先にシュワシュワ感が少しありますね。

1503savoe2_mabo

この日は麻婆豆腐。といっても石垣ラー油をちょっと使ってるだけなのでほとんど辛くないので肉豆腐という感じですが。
味噌とあわせるとさすがに少し苦みが出ますが、許容範囲内だな。

翌三日目。
リンゴバニラ、キレイな香り。開いたなぁ。
味わいは酸味と甘み、渋味がオレンジとリンゴ。黄色い花の香りだ。

1503savoe3_maguronatto

この日はマグロ納豆。
マグロぶつにキュウリとトマトとシソと。
すっきり甘さキレイに合います。やっぱ納豆と白ワインは合うなぁ。

翌四日目。
華やかかぐわしい香り。リンゴと黄色い花の香り。
味わいは酸味、渋味がリンゴっぽさが脹らむ。すっきり。丸いが甘くはなく甘みがある。
実に僕好みな味わいだ。四日目にしてこの力強さはいいなぁ。

1503savoe4_torimuneshiokouji

鶏ムネの塩麹焼き。
鶏ムネ肉を厚めに切って塩麹に揉み込んで15分ほど置いてから、弱火でじっくり焼いたもの。
鶏を焼いたあとにエノキやらタマネギやらを炒めて、そこに鶏を戻してレンチンしたブロッコリも色添えに入れて仕上げました。
これがジューシーで美味しい。味付けは揉み込んだ塩麹のみでしたが、コクあって美味しかったです。
塩麹、すごいなぁ。

このワイン、2000円そこそこで使っているブドウもメジャーじゃないけど、美味しかったですね。
サヴォワのワインはいまのところ僕このみの物に当たることが多い(^.^)

|

« 喰い処 弐七(にいなな)[苫小牧市] その2 | Main | ろまん亭のイチゴチョコモンブラン »

お酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21853/61372577

Listed below are links to weblogs that reference クレピィ ラ ペルシェット2011/ドメーヌ・フィシャール:

« 喰い処 弐七(にいなな)[苫小牧市] その2 | Main | ろまん亭のイチゴチョコモンブラン »