« '15室蘭八幡宮で黄花甘菜が蕾に | Main | 蝦天 駅前店[札幌市中央区] その2 »

2015.04.07

ナチュール ピノ・グリ2012/ドメーヌ・ジュリアン・メイエー

1503jyomeguri012689

フランスはアルザスのドメーヌ・ジュリアン・メイエーのピノグリ。

円山屋の山の手店で購入。2689円でした。
インポーターはディオニー(PDF)

円山屋さん、この日は特に”倉庫化”が激しく値段も全然書いてなかったので、ご主人に「アルザスの白、2000円台で」といったら「アルザス、白、ジュリアン・メイエー!美味しい!!」とのオススメ。
リースリングとピノグリがあったので、グリ好きの僕はピノグリを選択しました。

バランスよく深い、まさに自分好みな素晴らしいヴァンナチュール。次はリースリングも飲みたいぞ~

グラスに注ぐとシュワシュワと細かい泡が立ち、ほのかなリンゴと柑橘系の香り。
味わいはリンゴの酸苦で重みがあるが後口すっきり。
舌先にシュワシュワと泡の感じ。
うん、これ好き~。先日飲んだタプコプブランにも似た感じかな。

1503jyosmeguri_toriteba

鶏手羽先のトマト煮。
手羽先を焼いてからトマトの水煮で煮込んだだけ。あ、いちおタマネギ千切りとエノキを一緒に炒めて煮込んで、仕上げに色添えでレンチンしたブロッコリを添えました。味付けは塩と乾燥バジル、フライドガーリック少々。

中一日挟んだ二日目。
グラスに注ぐとまだ多少の泡が立ちます。
香りは梅のような感じもある、黄色い花の香り。
味わいは酸コクがあって、苦みと泡感と合わさると上品なウメッシュのような感じになりますね(^_^;

1503jyosmeguri2_supearib

この日はスペアリブのマーマレード煮。
スペアリブに塩コショウしてフライパンで焼き色を付けて、白ワイン少々を注いで煮たところにマーマレードジャム少々を入れて煮詰める。
豚のコクとマーマレードジャムの甘さと苦みがぴったりです。
やっぱアルザスの白にはあっさりした肉料理があうなぁ。

翌三日目。
酸がどっしりして、苦みと甘みが深みをだしてくる。
三日目でより深くなった感じ。

この日はカレイの煮付けだったんですが、、、あまりいい感じではない。
前日にほっけの干物にケッカソースを載せた物を食べたのですが、そっちは良かったので、醤油と砂糖との組み合わせはイマイチ、ということでしょうかね( 一一)
カレイの煮付けはそれほど合わない。

|

« '15室蘭八幡宮で黄花甘菜が蕾に | Main | 蝦天 駅前店[札幌市中央区] その2 »

お酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21853/61391695

Listed below are links to weblogs that reference ナチュール ピノ・グリ2012/ドメーヌ・ジュリアン・メイエー:

« '15室蘭八幡宮で黄花甘菜が蕾に | Main | 蝦天 駅前店[札幌市中央区] その2 »