« あのころのカツゲン | Main | cafe ri-no[札幌市清田区] »

2016.02.01

シクヌス ピガート2013/ポッジョ・デイ・ゴルレリ

1512pigato00

ポッジョ・デイ・ゴルレリ社のシヌクス・ピガート2013。

はやしや商店で購入。2286円でした。インポーターはフードライナー

はやしやさんではふらふらザッピングして気がついたものを買ってるのですが、これは値段も手頃でなんとなく買ったのですが、飲んだあと調べたら産地はリグーリア州とのこと。

リグーリア?ってどこだっけ?っと思ったらジェノヴァのある州でした。ブドウ品種は土着のピガート種とのこと。
これまたマニアックなやつを買ってしまった(^_^;

まずはバニラやりんごのケーキっぽい甘い香り。クルクルまわすと酸味のある香りに変わっていく。
味わいはまったりコク、酸と甘み、パッションフルーツにグレープフルーツの苦み。

1512pigato_buri

ブリのマリネなど合わせてみた。すっきりだがちょい苦みが広がった。

中一日挟んだ2日目。
ヨーグルトっぽい香りが加わった。そのほかは前回と同じ傾向。
味わいは意外とあっさり、酸と苦味(ちょっと冷えてたかも)

1512pigato2_reisyabu

この日は冷しゃぶサラダ。すっきり酸味がキレイです。
そして甘みと苦味もほどほど。

翌3日目。
りんごケーキに香水のような鋭い香りが追加。
マイルドな酸と苦味、ウイスキー的、酸すっきり苦味

1512pigato3_maguronatto

この日はアボカドマグロ納豆
うん、おいしい。前日の冷しゃぶサラダのときよりコクが出てきたかな。

何も調べないで買ってみたが、味わいはいつも飲んでいる北イタリアっぽい雰囲気でした。
ピガートという品種はヴェルメンティーノから派生した品種だそうな。
あまりにいつも飲んでるのと似た傾向(でもちょっと低め)だったので、飲んでるときは今ひとつな印象だったけど、地中海沿岸のワインだし、もっと魚介とトマトとかと積極的に合わせてみたらもっとよかったのかもなぁ。

|

« あのころのカツゲン | Main | cafe ri-no[札幌市清田区] »

お酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21853/63136503

Listed below are links to weblogs that reference シクヌス ピガート2013/ポッジョ・デイ・ゴルレリ:

« あのころのカツゲン | Main | cafe ri-no[札幌市清田区] »