« ろまん亭のいちごフェア | Main | 竹本商店札幌煮干センター[札幌市厚別区] その2 »

2016.02.26

ヴァン・ド・ターブルZo13インディス1/ドメーヌ・ツィント・フンブレヒト

1601zint00

アルザスの白ワイン、ツィント・フンブレヒトの2013年産。

アルザスAOCで認められていないシャルドネを60%使用している(40%はピノオーセロワ)ためのヴァン・ド・ターブル(テーブルワイン)だが、自家農園のビオで育てたブドウだけで仕込んだものだそうな。

前に2005年ものを飲んで感動したものです。その2013年もの。
酒のたなかで購入。2970円。
インポーターはラックコーポレーション

2013もコルクの上にロウで封がしてあった。
2005はコルクを外したとたんに香りがあふれかえる感じでしたが2013はそれほどでもない。
・・でもやっぱうまいなぁ、これ(^<^)

********************************************
ドメーヌ・ツィント・フンブレヒト
 アルザス・ピノ・ブラン2012(14/03)
 ヴァン・ド・ターブルZ005(12/07)
 アルザス・ゲヴュルツトラミネール2008(10/12)

うす黄金色。グラスにちょい泡。黄花系。
口に含むとどわっと酸コク苦味、りんごとグレフル。

1601zint_nishin

これを飲んだのは1月の末ころだったのですが、ちょうどこのころから新物のニシンが石狩で上がりだした頃。
ニシンが一本270円とかだったので買ってみたらなんと子持ちでした。
味はふわふわ味コリコリ。市販品の数の子食べる気がしない。ちなみにワインもコク甘み、酸まるくちょうどいい感じ。
(2.2に小樽で群来がみれたそうだ。また鮨一で新ものカズノコを食べたのはちょうどこのころ)

翌二日目。
きたきた黄花系の香り、むせかえるわぁ。
スーハースーハーと深呼吸したくなるほどの芳醇な香り。
酸味コク苦味甘み、蜂蜜キレイオレンジ。

1601zint2_tomatonikujyaga

トマト肉じゃが。豚肉とじゃが芋を炒めてトマトの水煮で煮込んだ、、そしたらトマト入りの肉じゃがになっていた(^◇^;。これも合わせるとすっきり酸コク、絶妙なバランス。

翌3日目。
まだ冷え切ってるときはうすくバニラりんご香り。くるくるでだんだん黄花。むわっと香りが広がっていきます。
酸甘苦味、蜂蜜とグレフル。りんご。重層で濃いがあとくちさっぱり。飲むとハイになる、完全に僕好みのワイン。

1601zint3_kakuni

煮込み用の豚角切りを醤油と蜂蜜で角煮風に煮てみた。
これも醤油使ってるけどすっきり丸くいい感じです。

ニシンなんかの魚にもあったけど、肉厚で芳醇な香りからすると肉系の料理の方が相性いいかな。

前に飲んだときより立ち上がりは遅かったけどポテンシャルは感じられました。
しかし前に飲んだのもインポーターの価格も4千円なのに3千円切って買えた。酒のたなか、すごい(^_^;

|

« ろまん亭のいちごフェア | Main | 竹本商店札幌煮干センター[札幌市厚別区] その2 »

お酒」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21853/63210204

Listed below are links to weblogs that reference ヴァン・ド・ターブルZo13インディス1/ドメーヌ・ツィント・フンブレヒト:

« ろまん亭のいちごフェア | Main | 竹本商店札幌煮干センター[札幌市厚別区] その2 »