« 興隆刀削麺酒家[苫小牧市] | Main | マリア・ボルトロッティ マモロ・ピニョレット・コッリ・ボロニェーゼ2012 »

2016.04.23

お肉パーティ

1603niku00

ほぼ一年前。とても美味しいお肉を味わったときに、買ったお肉の生産者の方から美味しい焼き方を教わった。

その焼き方でオージービーフを焼いても、これがまたすばらしく美味しかった。

ちょうど近所のスーパーに道産牛肉を休日になると半額で売ってるスーパーがあるので、まとめて4種のお肉をまとめて味わってみる肉パーティをやってみました。もう最高(^^)

ちなみに食べたのは、道東産の黒毛和牛とホルスタインハイブリッドのヒレ・サーロイン・モモ、オージービーフの肩ロース。
100g単価は、ヒレ1280円、サーロイン1080円、モモ780円、オージー肩ロース278円(^_^;

肉の焼き方(この日は赤ワインソース)は、
・肉は焼く3,4時間くらい前から冷蔵庫から出して室温に戻す
・塩コショウは焼く直前。フライパンをがんがんに熱して肉をのせ、焼き面が1,2mmくらい白くなったら裏返し、返した面も1,2mmくらい白くなったらフタをして火を止める。
・2分経ったらフタをとって肉を皿に出し、フライパンに赤ワイン少々を入れて火にかけ沸騰させ、バター一かけを入れて煮詰めてソースにする

以上。多少時間が経っても肉はアツアツのままですので慌てなくてもいい。
フタをして蒸らす時間は肉の厚さによって使い分ける。
今回はサーロインとオージーの肩ロースは厚さ1cmくらいだったので1分半、ヒレとモモは厚さ2,5cmほどあったので4分ほど蒸らした。

1603niku_momofile

こちらがヒレとモモ。手前がモモで奥がフィレ。

1603niku_saroin

こちらはサーロイン。

1603niku_au_kata

こちらは肩ロース。

ちなみに同じフライパンで焼いたのでソースは共通です。

1603niku_fire02

モモ&フィレの焼き具合。赤身がしっかりしてるけど火はしっかり通ってます。
旨いよう~(^<^)

1603niku_sa2

サーロインは、正直脂が濃すぎ。胸焼けしそう。。。

1603niku_kata2

オージーの肩ロース。うん、牛肉だな。でもこうやって食べ比べると値段の差も理解できる( 一一)

義実家で食べ比べをしたのですが、皆の意見ではモモがいちばんバランスがいいかな、という結果に。
もちフィレは旨いがモモの方が赤身のうまさと脂のうまさのバランスがいい、ということで。
やっぱサーロインはやり過ぎ(^_^;

この日の道産牛は半額だったので、モモだと100gで390円。うん、これならちょっとの贅沢で行けるなぁ(#^.^#)

1603niku_vino

この日のお供は、ステーキソースにも使ったセイコマワインのメルロー・エルホボ。500円のブルガリアワインです。これが値段の割に美味しいんだよね~

|

« 興隆刀削麺酒家[苫小牧市] | Main | マリア・ボルトロッティ マモロ・ピニョレット・コッリ・ボロニェーゼ2012 »

お酒」カテゴリの記事

料理(肉)」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21853/63526138

Listed below are links to weblogs that reference お肉パーティ:

« 興隆刀削麺酒家[苫小牧市] | Main | マリア・ボルトロッティ マモロ・ピニョレット・コッリ・ボロニェーゼ2012 »